あなた好みの焙煎で楽しむ癒しのキッチンカー・カフェ「凛音珈琲」

オリジナル珈琲でほっこりするココロの居場所を見つけに来ませんか?

埼玉県鶴ヶ島市で雅市らららマーケットなど、イベント事業を中心に営むRin-neが2020年8月30日にキッチンカー・カフェ「凛音珈琲」をオープン。

有名コーヒー店でのバリスタ経験もあるオーナーが生み出すコーヒー独特な香りと風味をぜひお楽しみください。

新着情報

キッチンカー・カフェ凛音珈琲は8月30日(日)にオープン。当日はオープン記念のプチイベントも開催し、たくさんのお客様にお越しいただきました。

凛音珈琲のFacebookページを開設しました。

厳選された5種類の珈琲豆をご用意いたしました。

1.グァテマラ SHB ウエウエテナンゴ

生産地:グァテマラ共和国 ウエウエテナンゴ地区
標高:1,400m~1,800m
品種:ブルボン種、カトゥーラ種、カトゥアイ種

寒暖の差が出来る高い標高と肥沃な台地は、まさにコーヒー栽培に適しています。その恵まれた自然環境で作り出される完熟したウエウエテナンゴ産の豆は、豊かな香りとコク、爽やかな酸味を持つ上品なコーヒーに仕上がるのが特徴です。フルシティローストで苦味とコク、香りがより一層引き立ちます。

2.タンザニアAA(キリマンジャロAA)

生産地:タンザニア連合共和国
標高:2,000m
精選方法:ウオッシュド
別名:キリマンジャロAA

キレのある酸味とボディ感のある飲みごたえが特徴です。名前はタンザニア北部にあるアフリカ大陸最高峰の山、キリマンジャロに由来。

果実から生豆にする精製過程によって、水洗式アラビカ種コーヒーのみをキリマンジャロと定め、他の地域などで採用されている乾燥式のものは含まないと規定を設けています。

日本ではキリマンジャロはブルーマウンテン、モカに次ぐ人気銘柄ですが、実は世界的にはそれほど知られていません。面白いのは、ローストの深さにより個性を変える豆。中深焙煎であれば柑橘系の酸味が味わえ、深焙煎は芳ばしいくスッキリとした苦味が特徴といえます。

3.モカ イルガチャフェG-2

生産地:エチオピア連邦民主共和国シダモ地方イルガチャフェ地区
品種:ティピカ種
標高:1,750~2,250m

シダモのウオッシュドコーヒーとは別銘柄の高級品として扱われる理由は水洗精選技が高いため、スクリーンサイズ、水分が一定のレベルで安定的に作られます。そのため、香りや風味が特に際立って良い生豆が出来上がるのが特徴です。

この地域のモカは標高が高く寒暖の差が大きいので実の熟し方に時間がかかることから甘味が強くなります。一般のモカ シダモ ウオシュドG2よりも、香りが強く、口に含んだときにフルーティーで爽やかな酸味が口全体に広がり深い印象を与えるでしょう。また、甘い花のような香りとスッキリした後味も残ります。

4.コスタリカ SHB コーラルマウンテン

生産地:コスタリカTarrazu Corralillo地区
標高:1,200m
品種:カツーラ種、カツアイ種
精選方法:ウオッシュド

コーラルマウンテンの名前は、”晴天の日には、美しい藍色に見える”ことから名づけられました。Tarrazu地区の中でも、高品質なコーヒーを生み出すCorralillo地区で育てられ、しっかりとしたボディと爽やかな酸味を有した高品質コーヒーです。

上品で柔らかな酸味とフローラル・フレーバー、後味がスッキリとした中に甘味が感じられる、ブラックで飲んで欲しい逸品です。

5.ブラジルNo2 18

生産地:ブラジル連邦共和国
品種:アラビカ種
精選方法:ナチュラル

ブラジル産のコーヒーは、苦味と酸味共に強すぎずバランスに優れる傾向があります。国土自体が広く生産地域も広いため場所ごとの風味の違いはありますが、重すぎないボディとコクはブラジル豆の特徴です。

やわらかくも存在感のあるコクとすっきりした後味は、クセが少なくあっさりと飲むことができます。浅煎りから深煎りまでさまざまなアプローチで使える万能な珈琲です。

オーナーのおすすめと豆知識

数量限定!スペシャリティ珈琲豆3種

スペシャリティ珈琲豆3種は数量限定のため、在庫がなくなり次第、終了となります。

1.エクアドル

生産地:エクアドル サンタ・ロサ農園
標高:1,300m
品種:シドラ種(レッドブルボンとティピカの交配品種)
精選方法:ウオッシュド

サンタ・ロサ農園は、首都キトの西部・ナネガリートに位置し、赤道直下ながらアンデス山脈の中腹に位置するため、1年を通して冷涼な気候に恵まれています。

コーヒーをはじめ、コーンやサトウキビ、カカオ、バナナなど果物や多くの農作物が育てられているのも有名です。収穫期の7月前後は雨が少ないながらも、年間を通じて降雨量が多い土地なので、ビニールハウスでの乾燥が主な乾燥方法として採用されています。

ライトで清涼感のある飲み口

青リンゴやオレンジのような爽やかなフレーバーとジューシーさ、明るく軽快なレモンの酸味が特徴。苦味も酸味もありますがそこまで強くなく、少しの甘みを感じます。全体的にライトなコーヒーなので、軽めの珈琲をご希望の方におすすめです。

シドラ種(Sidra)について

近年、業界内で注目を集めている品種で、2004年に希少品種ゲイシャが登場して以来、大会の上位に上がってくる多くの競技者が使用していたゲイシャに替わる新しいトレンドとして可能性を強く感じます。

 「レッドブルボン」と「ティピカ」のナチュラルミューテーションによって産まれたシドラは、レッドブルボンからくる甘さとボディ、ティピカからくる明るい酸、そしてベルベットのような質感が特徴です。

語源はリンゴ酒を指すシードルからきていることもあり、基本的なフレーバーとしてリンゴを思わせるような明るくすっきりとした酸質を持っています。まだまだ日本では珍しいこのシドラ。ぜひ青りんごのような爽やかなフレーバーを、一度お試しくださいね。

2.ブルンジ

生産地:ブルンジ ブジラ ウォッシングステーション
標高:1,900-2,050m
品種:ブルボン種
精選方法:フリーウオッシュド

試行錯誤により経験を重ねた生産処理

きれいな水資源で比重選別されたチェリーは18時間の発酵工程を経て、伝統的なアフリカンベットで注意深く乾燥されます。そうしてもたらされた美しいグリーンビーンはケニア、ルワンダとはまた違うブルンジならではのテロワールを表し、芳醇なフレーバーをはなっています。

ブルンジならではの多様なフレーバー

アプリコットやプラムのような円熟味のあるフレーバーとスパイシーでエキゾチックな風味があります。口に含んだときの滑らかさや、ボリューム感を伴う濃厚な口当たりが楽しめます。

※テロワールとはコーヒー豆が育つための要素(生育環境)である「気候的条件」「人為的条件」「土壌的条件」の事を指します。 このテロワールにより、焙煎した時の香りや抽出後のテイストが異なります。

3.ホンジュラス

生産地:ホンジュラス バーニャデロス農園
標高:1,750m~1,800m
品種:カトゥアイ種
精選方法:ウオッシュド

白ワインのような上品なフレーバー、シトラスやリンゴなどフレッシュで複雑さのある酸味もあります。また、甘さの質もリンゴの蜜のような印象を感じ、総じてエレガントな飲み口が特徴です。

スッキリ爽やかという言葉に収まらない、味わい深い飲み口になっていますので、店頭のラインナップのバランスなど見ていただき、一度お試しいただけたらと思います。       

カトゥアイ種

カトゥアイ種とは「ムンド・ノーボ種」と「カトゥーラ種」を交配させてできたコーヒー豆のことです。病虫害にも強く、生産性が高いので近年急速に栽培面積が増えている品種で、ムンド・ノーボ種に比べて樹高が低いのが特徴です。

オーナーのおすすめ度

お好みの焙煎が選べる

凛音珈琲では下記の6種類からお好みの焙煎をお選びいただけます。

珈琲焙煎についてもっと詳しく知りたい方はこちら

メニューとお値段

5種類の珈琲豆:100gあたり600円(税抜)

数量限定スペシャリティ珈琲豆3種:100gあたり700円(税抜)

ドリンク各種:300円(税抜)

焙煎したてのコーヒーをその場でお召し上がりいただけます。カフェオレやラテなど、ミルクを使用するドリンクはプラス50円。

39チケット:3,900円(税抜)

ドリンクチケット:ドリンク16杯分(ミルク使用はその都度プラス50円)で900円お得です。

珈琲豆チケット:基本の5種類のお好きな豆をお好みのローストにて5袋(100g×5袋分)+ドリンクチケット6枚がセットになったもので、900円お得です。(スペシャリティ珈琲豆は1袋あたりプラス100円)

その他、お友だち紹介特典もございます。詳しくは、キッチンカー・カフェにお越しいただいた際、お気軽にお尋ねください。

また、凛音珈琲のショップカードができましたので、ご自由にダウンロード&プリントいただけます。

ショップカードをダウンロードする

珈琲と一緒に楽しめるメニュー

珈琲と一緒に楽しめるメニューとして、地元では名の知れたあの美味しい自然素材で作られるフードも定期的に販売します。

営業時間・アクセス

営業時間

キッチンカー
日曜 11:00-15:00
月曜 7:00-9:00
火曜 7:00-9:00

注文焙煎
金曜 11:00-15:00
土曜 11:00-15:00

※毎月最終日曜日はハンドメイド市「ありがとう39❤️マーケット」を開催予定。

アクセス

駐車スペースについて

公的な駐車場はございませんので、公道に支障のないよう、以下の写真のように赤丸で囲っている部分に駐車してください。

お問い合わせ

珈琲豆の販売や焙煎など、凛音珈琲に関するお問い合わせは下記のフォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。